エルジンの歴史 HISTORY of ELGIN

エルジン、その歴史は1864年木造の建物から出発し、鍵巻時計の開発から腕時計の普及、デジタル時計の開発、人類初の月面着陸であるアポロ計画に技術参加するなど、アメリカ合衆国の歴史とともに歩んできました。

伝統を先進の技術で継承する「エルジン」。

”品質は全てに優先する”
エルジン創設者のベンジャミン・ダブル・レイモンド氏の精神、熱意、愛情を受け継ぐエルジンを皆様にお届けします。
1864年

画像 

シカゴ市市長のベンジャミン・ダブル・レイモンド氏は、手作りであった時計を自動機械で品質良く部品取替えが可能な時計をで作りたいとの熱意から、南北戦争の苦しい中、市民の協力で資金と敷地を確保し、6人の役員会とともにナショナル時計株式会社を設立しました。この町がイリノイ州エルジン市です。

会社設立にあたり、エルジン市からその名にちなんでイギリスのエルギン伯爵に、エルジン時計が贈呈されました。このニュースはアメリカ国内の50のラジオ局で放送され、エルジンを持つことが最高のステータスと言われるほど、アメリカを代表する高級ブランドの地位を確立していきました。

1867年

画像 

初の5石鍵巻時計ムーブメントが完成。『B.W.RAYMOND』と命名されました。

1869年 レディーエルジン(7石、ポケットサイズの懐中時計)の生産を開始。1870年代、サタディーイブニングポストに掲載される宣伝広告にはミッキーマウスも登場し、エルジンはアメリカのファッションを代表するブランドとなりました。1871年のシカゴ大火災の夜にはミッキーマウスがエルジン事務所内の天井に隠れて難を逃れたという有名な話があります。これ以来、第一次大戦までいつも宣伝に登場しております。
1873年 初の巻真時計を生産。
1874年 会社名をエルジンナショナル時計株式会社に変更。その頃から一般的に「エルジン時計」と呼ばれるようになりました。
1881年

画像 

品質の良さ、正確さが評価され、アメリカ鉄道の懐中時計に公式採用、生産を開始。

1910年

 

アメリカ陸海空軍の公式時計を生産開始。アーミーウォッチは、第一次世界大戦中に大活躍しました。

1915年 男性用の腕時計に着手。アメリカ陸軍が採用したことにより、瞬く間に国内の男女を魅了し、広く腕時計が着用されるようになりました。
1960年 その後もデジタル時計の開発など、世界中に多くの貢献を残すも、アメリカ時計産業の衰退と共に実態は消滅してしまう。
2000年

 

近代的なソーラームーブメント、自家発電ムーブメント(オートチャージングデバイス「ACD」)の開発に着手。

2004年

  

電波ソーラーアナログ式時計開発。
初期モデルアナログタイプから現在は多機能モデルに至る。

2014年

  

エルジン創立150周年記念モデル EG クロノグラフ発売

2016年

GPS衛星電波時計開発。
GPS衛星から現在地の位置・時刻情報を受信機能を兼ね備えた
宇宙時代ウォッチ発売中

 

世界4地域、5局対応、多機能ソ-ラ-電波時計開発。
世界中で使用可能なグロ-バルウォッチ発売予定